死に物狂い

周りから影響を受けやすい人のフィクション日記

MONACAでもMACANAでもない。名古屋にはmanacaが居る

 PiTaPaが好きだ。PiTaPaというのは、近畿圏以外在住の方には馴染みが薄いと思うが、いわゆる交通系ICカードの一つである。ポストペイ形式であるのが特徴で、要は電車に乗れるクレジットカードと言える*1。チャージ額の心配をする必要がなくて良い。一般的なオートチャージ機能が、特定のクレジットカードと紐付けなければならなかったり、駅の改札を通らなければチャージされなかったりする一方、PiTaPaにはそんな煩雑さがない。ただタッチするだけでよい。なんて便利なんだ。

 このように便利なPiTaPaだが、近畿圏から出てしまうと普通のプリペイドICカードと化してしまう。そもそも、PiTaPa以外でポストペイ形式を採用しているカードはない(はず)。会社側からすれば、利用客にわざわざ信用払いさせるリスクを背負うよりも、先に入金させておく方がいいだろうから、仕方のない話だとは思う。管理も面倒だろうしね。ただ、それはあくまでも会社側の事情であって、一消費者としては「むむむ」と思ってしまう。ポストペイで使わせてよ。

 仕事の都合で名古屋行きが決まった時、だから私は残念に思った。「チャージ額に怯える毎日が始まるのか…」という心境である。大げさかもしれないが、管理タスクが一つ増えるのが嫌だった。とはいえ、先に多額をチャージするのも気が引ける。ああポストペイ。

 

 そんな不安な私を暖かく迎えてくれたのはアイツだった。

f:id:sorobanya:20190915111909j:plain

出典:http://www.manaca.jp/

 

 manacaである。

 

 manacaというのは株式会社名古屋交通開発機構が発行する交通系ICカードである。が、そんなことはどうでもいい。私が伝えたいのは、この黄色い物体のことだ。

 言うまでもなく、この子はmanacaのマスコットキャラクターである。名前はない。今のところ「manacaのマスコットキャラクター」(あるいはイメージキャラクター)が正式名称である。この点、名古屋市交通局も断言している。

f:id:sorobanya:20190915113755j:plain

出典:名古屋市交通局

 

 あっさりしてるな。

 というわけで、ここではこの黄色い物体を「マナカ」と呼ぶ。というか、これでええやん。マナカちゃん。manacaのマスコットキャラクター、マナカ。混同するからあかんか。

 

 ともあれ、マナカはかわいい。まずフォルムが丸い。

f:id:sorobanya:20190915122721j:plain

 ただの黄色いカービィじゃねえか。確かにそうかもしれない。ただ、そうであれば、カービィがかわいい以上、マナカがかわいいのもまた必然である。そして大事なのは、丸の外縁が何かモシャモシャしていることである。これはつまり、マナカが物体として柔らかいことを示している。丸くて柔らかい。そんなもん、かわいいに決まっているじゃないか。

 手に持っているmanacaと比較すると、身体のサイズはそんなに大きくない。FelicaICカードが横85.6mmであることからすれば、マナカの全長は大体35cmぐらいだろう。なるほど、思ったより小さい。丸くて柔らかいなら、全身で抱きしめられるぐらいの大きさであってほしい気もする。トトロ的に。しかし、自分の膝高よりも小さい、丸くて柔らかい物体が、ポテポテ歩いているところを想像すると、これもありだなと思う。でもこの高さだと、改札にカードをタッチできない気もする。あと改札につっかえてしまうかもしれない。横幅的に。そこは柔らかいから大丈夫なのか。ぎゅむーと形状を変えながら改札を通っていく。そんな姿もまたかわいいはずだ。

 

 マナカは表情も動きも豊かである。朗らかに笑ったり、

f:id:sorobanya:20190915122741j:plain

 

寝たりお辞儀したりする。

f:id:sorobanya:20190915122802j:plain

  人間もそうだが、感情表現が豊かな存在はそれだけで魅力的だ。見ているだけで幸せになれる。そこに居てくれるだけでいい。それは究極的な才能である。マナカもそんな奴である。

 

 名古屋の地下鉄に乗ると、ふとした瞬間にマナカと出会うことができる。しかし、足りない。もう少し活躍の場を広げてもいいのではないかと思う。だってこんなにかわいいんだもの。丸いし。ジャムムと同じぐらいポテンシャルあるよ。多くの利用客もそれを求めているはずだ。少なくとも私は、毎日改札をくぐるときに、券面のマナカを見てほっこりする。重い身体を起こして会社に向かう朝、疲れた身体を引きずって帰る夜。マナカはいつも、こちらを見て柔らかく笑っている。そうしてふっと緊張が解ける。だから、マナカは多くの労働者を救うことができる、と私は思っている。丸いしね。今こそ、名古屋中をマナカで埋め尽くす時だ。

*1:とはいえPiTaPa自体はクレジットカードではない。

久海菜々美の見た夢について―『snuggery』が指し示す未来―

 あの3月8日から半年が経ったところで、アニメ『Wake Up, Girls!』を新章まで通しで見返した結果、このポエムは生まれました。(以下、WUGシリーズのネタバレを含みます。4000字程度)

続きを読む

8月に読んだ本など

 何でもいいから1週間に1冊ぐらいは活字の本を読もうな、ということで日々を過ごしているのだが、その内記憶に残っているものについて、折角なのでネタバレを含まない程度に感想でも書いておこうと思った。なお、来月以降も続けるかは不明。

 

営繕かるかや怪異譚 その弐

営繕かるかや怪異譚 その弐

 

 『ゴーストハント』のアニメから小野不由美さんを知ったこともあり、小野さんと言えばホラーという印象を持っている。逆に『十二国記』を読んだことがないので、ニワカもいいところだ。ともあれ、ホラーの新作が出たらとりあえず買う。

 本作は一応シリーズ二作目だが、共通しているのは舞台と主人公(とその周辺)のキャラクタだけで、作りはオムニバスのためこちらから読んでも大丈夫。怖いは怖いが、おどろおどろしいわけではなく、読後感はすっきりとしている。そうじゃないのもあるけど。少なくとも、読んで気が重たくなるような内容ではない。涙を誘うものもある。

 個人的には、ホラー小説を読むのは、直接的なホラー要素を求めてというかは、怪異の正体が何であるのか、その謎解きの過程を楽しむために読んでいるので、そういうのが好きな人はすいすい読んでしまえると思う。これは小野さんの作品全般に言える。

 一編につき一家庭の物語が描かれる。霊現象と現実の問題が入り組んで、何やらヤバそう or これからどうしようというときに、寺生まれのTさん的存在の営繕屋・尾端さんの手によって真相が明らかになる…というのが基本的な流れ。営繕屋が登場したときの安心感がすごく、また必要なことだけやってスッと帰っていくタイプの人なので格好いい。

 営繕屋というだけあって、住居やモノについての話が多い。尾端さんも、何か特別な儀式や祈祷で解決するのではなく、傷んだ箇所を修繕するみたいな、シンプルな施しで物事を解決する。この無駄に大げさでないのがよい。しつこくない。何杯でもいける。今後とも定期的に書いていただきたいなあと思う。あと、いつの日か『ゴーストハント』の新作を……と結構ずっと思っている*1

 

追伸:ゴーストハントのドラマCD付コミックスを買いました。思ったらすぐに買える。いい時代ですね。

f:id:sorobanya:20190831215543j:plain

 

東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う (新潮文庫nex)

東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う (新潮文庫nex)

 

 友人の友人の友人の作品ということで読んだ。高校時代、部活動で一緒にバンドを組んでいた女の子が突如命を落とし、社会人になった今、主人公の前に幽霊になって現れるという話。

 全体的にあっさりとしていて、大きな謎解きとか、知られざる過去とか、そういうのはない。あるのはただの青春である。

 なぜ死んでしまったのかはたしかに一つの謎解き要素ではあるけれど、それがメインというわけでもない。じゃあ何が主なのかと言えば、やっぱり青春だと思った。または神津島

 全編を通して爽やかな風が流れているというか、こうスッキリとしている。全体的に軽いと言う人もいるかもしれないが、私は嫌いじゃなかった。特に、希死念慮に取り憑かれていた人間が、死後になって生きたいと思う過程が瑞々しくてよかった。あるのはただの青春である。そういうのを書きたかったのかな。

 

 

忌録: document X

忌録: document X

 

  マシーナリーとも子さんの記事から興味を持って読んだ。古き良き洒落怖的な作品。2014年に発刊されたようだが、今もなおネット上での考察が盛ん。実際にあった事件の資料をまとめたものという体。もちろん体ではない可能性もあるが、そうだとするとひたすらに怖いので考えない。なお、考察をトゥギャっているのは作者であるとか、そもそも作者は三津田信三さんであるとか言われているが、定かではない。

 4編のオムニバスで、それぞれの作品には繋がりがない……と思われる一方で、実は全て繋がっているという考察もある。それが物語を解く鍵なのかも分からない。なので、とりあえずは深く考えず、通しで読むのがいいと思う。

 上記記事でも言及されているが、電子書籍ならではの趣向が凝らされており、さらに言えばならではの嫌らしい仕掛けもある。先んじて言っておくと、私のように耐性のない人は、『みさき』において気をつけながらページを進めたほうが良い。でなければ、手に持っている端末を放り投げることになる(一敗)。意味ありげな空白のページには気をつけろ。

 『綾のーと。』は、世の中に数え切れないほどある、更新の止まったブログの裏側で何があったのかを取り扱った話だが、当該ブログは閲覧パスがかけられた状態で現実に存在しており、そのパスが何なのか検討が続いているところ。また、作中に登場する動画も現実のYoutube上に存在し、なかなかに気味が悪い。

 正直なところ、二度とは読みたくないし、何だったらさっさと端末上のライブラリから削除したいぐらいだが、もう少しこの世界についてしっかりと考えたいとの想いが、その行動を踏み止まらせる。かといって、ファイルを開く勇気もない。その感情は、それこそ三津田さんの『どこの家にも怖いものはいる』を読んだ時と同じだったりする。まあもう少し時間は要りそう。

 

 

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 

  5年ぐらい前に買ってようやく解き終えた。普段、接続詞を感覚的に使っているので、一回カチッと考えてみるかと購入した本(だったと思う)。

 そんな深く考えなくてもいいじゃねえか、と思う自分もいるが、「読む人からはこういう風に解釈されますよ」の様々な例が挙げられているに等しいので、ああそうか~と実感しながら解き進めた。伝えるって難しいね。

 柔らかくて楽しい文体ではあるが、やっぱり集中力は使うので、それなりの環境で取り組んだほうがいいと思います。

 

 

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

  • 作者: ジェームズ・ブラッドワース,濱野大道
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 話題だったので読んだ。気分が暗くなる。

 根本的には、「自分には関係ない」という思い込みを捨てろということかと考えている。よくある話だが、今現在に自分がその立場に置かれていないからといって、将来的にもそうかは全くわからない。そして、その世界は思ったより近く、案外簡単に移ることができる。「できる」というか、移ってしまうことがある。

 結局、中流家庭以上が享受している豊かさは、そこからさらに下の層の労働者に支えられていて、そんな状況で労働者が資本家(とまとめてしまうのは雑にしても)と渡り合うには徒党を組むしかないのだが、(この本は英国の話なので特に)労働者の多くが移民(≒短期労働者)であることや、個人主義化の進みから、そうすることが難しくなっている。個人が個人のみを最適化するなら、余計なことをしないほうがいいと考えがち。読めば読むほどにお腹が痛かった。世の中どうなるんでしょうね。*2

 

 以上でした。9月は何も考えていませんが、とりあえず米澤穂信さんの『Iの悲劇』は買います。何かおすすめの本があったら教えて下さい。(いつもの申し出)

 

*1:などと言いつつ『悪夢の棲む家』は漫画版しか読んでいない

*2:みたいな態度こそが他人事の姿勢なのだが